SLL暗号化

当社のWebサイトはSSLによりお客様の大切な情報を暗号化し送信されます。
SSLの基礎知識やSSLの仕組みを解説します。

SSLとは

SSLとは、Secure Sockets Layerの頭文字を取ってSSLと言い、インターネット上で通信を暗号化する技術です。
SSLを利用してパソコンとサーバ間の通信データを暗号化することにより、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができ、SSLを利用すれば、個人情報・クレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。

SSLサーバー証明書とは

SSLサーバー証明書とは、情報を暗号化するSSLの機能に加えて、ホームページやWebサイト等を運営する者の身元を確認できる機能を備えた電子証明書です。

1. 入力情報の暗号化
あなたがお使いのブラウザとWebサーバーとの通信をSSLで暗号化することで、第三者によるデータの盗聴を防ぎ、データを安全に送受信できます。

2. ウェブサイト所有者の確認
本物のWebサイト」かどうか、SSLサーバ証明書に記載されている情報を目で確認することができます。
これにより、個人情報やクレジットカード情報など、他人に知られてはいけない情報を送る前に、情報の送信先を確認してから安心して送ることが可能です。

SSLサーバー証明書はどこで使われている

SSLサーバー証明書は、個人情報やクレジットカード番号など、「自分以外の他人に知られると困る情報」を入力するウェブサイトに導入され、第三者に悪用されると被害につながる情報をしっかり守ります。

  • ネットショッピングの決済画面
  • 採用応募の入力画面
  • 資料請求フォーム
  • お問い合わせフォーム など

SSLサーバー証明書が導入されているWebサイトの見分け方

SSLサーバー証明書が導入されているかどうか、情報などを入力する前には必ず確認しましょう。
確認するポイントは大きく2つです。
セキュリティー

1つ目はブラウザの鍵マークです。SSLサーバー証明書が導入されているウェブサイトにアクセスした場合、ブラウザに鍵マークが表示されます。(Googleクロームの場合は緑色の鍵マークになっていれば安心ですが、グレーの鍵だと要注意です。)
また、この鍵マークをクリックすることで、証明書の内容を表示でき、有効期限切れになっていないか、などを確認できます。

2つ目はURL欄です。「http」ではなく「https」で始まっていることを確認しましょう。この「s」はSSLサーバ証明書を使用している(セキュアである)ということを意味します。

SSLサーバー証明書は正しい審査を受けて発行される

SSLサーバー証明書が導入されていても、第三者による確かな審査を受けて発行されているか、という確認が必要です。
自己署名型の証明書が利用されている場合は、ブラウザに警告画面が表示され、その先のページに進むことが困難です。
信頼できる機関によって発行されていない証明書は、Webサイトの利用を継続してよいかどうか安全性に疑問が残りますので、認証局による正しい発行審査(認証)を経たSSLサーバー証明書が導入されているWebサイトを利用することが大切です。

ホームページ制作をお考えの方へ

当社でホームページを制作をされる場合は、SSL化をオススメしております。
リーズナブルなSSLも御座いますので、お気軽にご相談下さい。