有期契約労働者等の正規雇用等への転換または派遣労働者の直接雇用化を行う事業主に対して助成するもので、有期契約労働者等のより安定度の高い雇用形態への転換を通じたキャリアアップを目的としています。

対象となる措置

助成金(正規雇用等転換コース)は、下記の1の対象労働者に対して2と3の措置を実施した場合に受給することができます。

1. 対象労働者

助成金(正規雇用等転換コース)における「対象労働者」は、申請事業主が雇用する次の(1)または(2)に該当する労働者、あるいは申請事業主がその事業所で受け入れている(3)の派遣労働者です。短時間労働者または申請事業主が派遣元事業主である場合の派遣労働者は、雇用契約期間に応じて(1)または(2)として取り扱われます。

(1)有期契約労働者
有期契約労働者として申請事業主に雇用されていた通算雇用期間が6ヶ月以上である労働者

(2)無期雇用労働者
無期雇用労働者として申請事業主に雇用されていた通算雇用期間が6ヶ月以上である労働者

(3)派遣労働者
申請事業主の派遣期間が6ヶ月以上の派遣場所で就業している派遣労働者

2. キャリアアップ計画の認定・キャリアアップ管理者の配置

事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、「キャリアアップ計画」を作成して、それについて管轄の労働局長の認定を受けること。

3. 正規雇用等への転換等の実施

2のキャリアアップ計画に基づき、対象労働者に対する次の(1)~(5)のすべてを満たす措置を実施すること。

  1. 対象労働者の種類ごとに次の①~③のいずれかの措置を、制度として労働協約または就業規則に定めること
    • ①有期契約労働者を正規雇用または無期雇用に転換すること
    • ②無期雇用労働者を正規雇用に転換すること
    • ③派遣労働者を正規雇用または無期雇用として直接雇用すること
  2. (1)①~③の制度の適用後6ヶ月を経過していること
  3. 適用者に対して6ヶ月分の賃金を支払っていること
  4. 支給申請日において(1)①~③の制度を継続していること
  5. (1)の制度のうち、無期雇用に転換または直接雇用した場合は、適用者の基本給が、制度の適用となる前と比べて5%以上昇給していること

支給額

  1. 助成金(正規雇用等転換コース)は、下表の額が支給されます。
    適用内容支給対象1人あたり支給額支給対象者が母子家庭の母等
    父子家庭の父の場合
    有期労働から正規雇用への転換等30万円(40万円)10万円加算
    有期労働から無期雇用への転換等15万円(20万円)5万円加算
    無期労働から正規雇用への転換等15万円(20万円)5万円加算

    ※( )内は中小企業事業主

  2. 1年度1事業所あたり10人までを上限。

キャリアアップ助成金の拡充・平成28年2月10日改正分


社会保険労務士

雇用保険関連の助成金申請業務を代行することは、社会保険労務士の独占業務であり、原則として税理士や行政書士、その他の士業やコンサルタントが業として対価を得て請け負うことはできません。

あさくらリーガルパートナーズでは、社会保険労務士を無料でご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください。