前回の記事でホームページのバックアップの大切さのお話しをさせてもらいましたが、今回はWordpress(ワードプレス)で制作した、ホームページやブログ等の大事なデータを自動でバックアップする方法をご紹介します。

BackWPupを利用してWordPressのバックアップ

ワードプレスのバックアップ用プラグインは様々な種類がありますが、この記事ではBackWPupを使ったバックアップ方法を解説していきます。
このプラグインは、一度設定すればサーバーのデータとデーターベースのデータのバックアップを定期的に行ってくれるので、多くあるワードプレスのバックアップ用プラグインの中でも一番オススメなんです。

BackWPupをインストールする

1.ワードプレスにログインした状態で、[プラグイン]→[新規追加]→文字入力ボックス欄に[backwpup]と入力

ホームページをバックアップする

2.BackWPupが表示されたら[今すぐインストール]をクリック

プラグインをインストール

3.インストール完了後、[プラグインを有効化]をクリック

プラグインを有効化

サーバー上のファイルの自動バックアップ設定

1.左側のバーの[BackWPup]→[新規ジョブを追加]

BackWPupの新規ジョブを追加

2.[一般]タブを選択し、各種設定を入力、選択します。

BackWPupの一般設定

『このジョブの名前』には、ファイルのバックアップであることがわかりやすい名前をつけてください。

『ジョブタスク』は、[ファイルのバックアップ]を選択すれば良いのですが、心配性の私は5つともチェックを入れています。

『アーカイブ形式』は、私はWindowsなので[Zip]を選んでますが、Macの場合は[Tar GZip]を選択すると良いでしょう。

バックアップ先の選択
『バックアップファイルの保存方法』は、自由に選んで頂きたいのですが、私はドロップボックスを使ているので、ここでは[ドロップボックスにバックアップ]を選択。私は念のため[メールでバックアップを送信](私は専用のメールアドレス作ってます)に選択しています。ドロップボックスやメールではチョット…って場合は[フォルダにバックアップ]を選択しましょう。

『エラー』の項目にチェックを入れると、バックアップ取得時にエラーが発生した場合にだけ、ワードプレス設定に登録しているアドレスにメールが送信されます。アドレスを変更したい場合は、ログの送信先メールアドレスを変更してください。

バックアップのスケジュール設定

1.[スケジュール]タブを選択し、各項目を設定します。

バックアップのスケジュール

『ジョブの開始方法』は[WordPressのcron]を選択します。これは自動的にワードプレスがバックアップを実行するという意味です。

『スケジューラタイプ』は[基本]のまま。

『スケジューラ』は[毎週]または[毎月]を選択。バックアップはデータサイズが大きくサーバー負担がかかるので、一定期間に一度のバックアップがオススメです。

2.すべて設定したら[変更を保存]

Dropboxと連動させる設定

1.[宛先:Dropbox]をクリック。

バックアップをドロップボックスに

2.[Dropboxのアプリ認証コードを取得]をクリックすると、ドロップボックスが開くので[許可]をクリック。

dropboxと連動させる

3.コードが表示されるのでコピーしDropboxへのアクセスの欄にペーストしてください。

[コピー先のフォルダー]は自由に決めれるので、分かりやすいようにドメイン名などにしましょう。

4.最後に[変更を保存]

画面の【認証されていません】が【認証済】となっていればドロップボックスにワードプレスのバックアップが自動で行われます。

※ドロップボックスを既にお使いになっている場合の設定方法ですので、ドロップボックスをお使いでない場合は、ドロップボックス登録(無料版有)が必要になります。

まとめ

WordPressのバックアップはサーバー上のファイルと、データベースのデータをそれぞれ保存する必要がありますがBackWPupを使えば両方のバックアップを定期的に自動で実行できます。
一度設定するだけなので、時間があるときに是非チャレンジしてみてください。

ファイルやメールでバックアップする場合はの設定は、簡単ですので試してみてください。