Googleの検索結果が既にAMP(Accelerated Mobile Pages Project)の検索結果となりましたので、AMPとは何かを簡単にご説明します。

モバイルのWebページの表示を高速化するGoogleのプロジェクト

AMPとは、Accelerated Mobile Pagesの略で、簡単に説明すると「モバイルページの表示が、驚くほど速くなる!」というものです。

AMPで策定された仕様に沿いモバイルサイトを構成すれば、ウェブページが通常の約4倍の速さで表示されます。

AMP導入で表示速度があがる理由

AMPの導入で表示速度があがる理由は2つです。

1.ウェブページを読み込まない

AMPの仕様に従い構成されたウェブページは、Google側にキャッシュ(保存)されます。そのキャッシュされたページを表示させるため、今まで時間がかかっていたウェブページへのアクセスが不要になります。

2.通常のウェブページよりもデータ量が少ない

AMPの規定に則い厳しく制限されたシンプルなhtmlとCSSが要求され、通常に比べデータ量が約1/10まで抑えられます。そのため、ウェブページが表示されるまでに時間がかかりません。

今現在AMPの対応は記事コンテンツのみ

今のところAMPを導入できるのは、お知らせ・ニュース・ブログなどの記事コンテンツです。サイトのトップページやお問い合わせフォームなどは対応していません。

まとめ

今すぐにSEO対策に繋がるわけではありませんが、今後はAMPが重要視されることは間違いありません。
ワードプレス用のAMPプラグインも提供されていますが、当社でもAMP対応は見送って、しばらくは情報収集をしながら良いプラグインが出るまで待とうと思います。