朝倉市 司法書士

不動産登記は、わたしたちの大切な財産である土地や建物の所在・面積、所有者の住所・氏名などを登記簿に記載し、一般公開することにより権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。

不動産の登記をした方がよい理由

朝倉市 建設業

登記は申請をしなければ、100年経ってもそのままです!
不動産の当事者(旧所有者(売主)・元所有者(買主))が生きているときは不動産の事情がわかるので問題にはならないことが、当事者のどちらか、又は両方が亡くなると、その相続人の協力が必要(契約書等があっても同じ)になり、登記を実行することが難しくなります。
時間が経てば経つほど、当事者が増え続け、登記が困難になり費用も増加します。
また、登記簿に記録されないと、第三者に自らが所有者であると、主張ができません。それは、不動産の税金を払っていても同じなのです。
当社では、直接に司法書士が不動産登記の申請を致します。あなたの不動産を守れるのは、あなた自身です。

不動産売買の所有権移転登記に必要な書類

所有権移転登記(売買・贈与)

売主

  • 印鑑証明書
  • 権利書

買主

  • 住民票

所有権移転登記(相続)

  • 印鑑証明書
  • 名寄
  • 住民票
  • 遺言書(ある場合)

※必要書類の一例です。場合によっては別途書類が必要になる場合があります。

不動産登記の料金目安

サービス名称区分種類登録免許税平均報酬合計金額
不動産登記所有権移転売買1000分の2040,000円~40,000円~
贈与1000分の2030,000円~30,000円~
相続1000分の435,000円~35,000円~
所有権保存登記1000分の425,000円~25,000円~
抵当権抹消登記1,000円10,000円~11,000円~
住所・氏名変更1,000円10,000円~11,000円~
※上記の料金にはお手数料に別途消費税がかかります。
※上記の一部登録免許税は評価額の○○分の○で計算されます。
※減税等により変動しますのでご注意ください。
※報酬と別に実費及び交通費がかかる場合があります。
※ご紹介する司法書士により報酬が異なります。

業務の流れ 不動産の所有権移転登記(売買)

お問い合わせ
お気軽に、お電話またはメールにてお問い合わせ下さい。
無料相談・お打合せ
不動産登記の申請をする書類を揃えることができるかなどを司法書士をご紹介し無料で診断いたします。
申請ができる可能性がある場合は、具体的なピアリングをさせていただきます。
申請書類の作成
ヒアリングと準備して頂いた書類をもとに、申請書類を作成します。
お打合せ
必要書類をお持ち頂き、担当の司法書士がお預かりします。作成した申請書類についての説明・確認の上で書類に押印して頂きます。訂正や変更等があれば、その際に司法書士が修正いたします。
申請
司法書士が申請書類及び必要書類を管轄法務局に提出します。窓口が申請書を受理すると、登記官が申請書に受付年月日、受付番号を記載します。
本審査
法務局の登記官により、記載漏れや不備等のチェックがされます。
売買による不動産移転登記の場合「約10日」かかります。
登記完了
登記完了後、法務局から発行される書面を司法書士が受領して、売主・買主双方に受け渡すことで手続完了です。その後、お客様のもとへお届けいたします。

司法書士

不動産登記(権利部)申請業務を代行することは司法書士の独占業務であり、原則として税理士や行政書士、その他の士業やコンサルタントが業として対価を得て請け負うことはできません。

土地家屋調査士

不動産登記(表題部)申請業務を代行することは土地家屋調査士であり、原則として行政書士や測量士、その他の士業やコンサルタントが業として対価を得て請け負うことはできません。

あさくらリーガルパートナーズでは、司法書士・土地家屋調査士を無料でご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください。