全ての登記を専門の司法書士が対応!!

不動産登記

不動産登記
不動産登記とは、法務局に備え付けている登記簿に、土地や建物の所在・面積などの表示、所有権、抵当権などの権利を記載し、公開することにより、不動産取引の安全と円滑をはかったり、権利の保護を行うものです。
不動産を買った登記(所有権移転登記)、新築の家を建てた登記(所有権保存登記)、お金を借りて不動産を担保にした登記(抵当権・根抵当権設定登記)、借りていたお金を全額返済した登記(抵当権・根抵当権抹消登記)、事業用で土地を借りた登記(賃借権設定登記)など、大切な財産である不動産を、登記簿に正確に登記することにより、権利を保護する制度です。

商業登記

会社設立
商業・法人登記により、会社の商号や名称、所在地、目的、資本金、代表者の氏名など、法人の重要な情報を登記簿に記録し、公開することによって、法人としての信用維持を図ります。
会社法や商業・法人登記法に基づき会社を運営していくためには、様々な知識が必要となり、手間と時間がかかってしまいがちでが、当社では、専門の司法書士が会社設立手続きや、増資手続き、種類株式発行の手続き、減資手続き、役員の変更、組織再編(合併・会社分割・事業譲渡)などを、お手伝いし各種登記の手続きを全面的にサポートします。

司法書士

不動産登記(権利部)や商業登記等の申請業務を代行することは司法書士の独占業務であり、原則として税理士や行政書士、その他の士業やコンサルタントが業として対価を得て請け負うことはできません。

あさくらリーガルパートナーズでは、司法書士を無料でご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください。